Googleアドセンスと短縮URLサービスbitlyと

search-engine-76519_1280

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

2次審査通りました

ラファテリアにもGoogleアドセンスを導入したいと思って、登録をしてみました。
1次審査が通った後に、アドセンスコードを貼り付けてGoogleの2次審査待ちになりました。
しかし、貼り付けた場所にもう広告が表示されているように見えたのは何かおかしかったのでしょうか?
審査が通るまでは空白表示のはずですが・・・。

こちらでは何も対策を取れないので、ドキドキしますね。
数時間後に再度見てみたら空白表示になっていたので一安心です。

1次審査はわずか2時間ぐらいで終わりましたが、2次審査は通常数日かかる案内がありました。
巷では問題ないように見えるブログでもなかなか通らないことがあるみたいです。
念のためアドセンスポリシーを見直して該当コンテンツがないことは確認したので、恐らく大丈夫であろうと思っていてもGoogleから回答が来るまでは落ち着かないですね。

約1日半ほどでGoogleからアドセンス有効化のメールがきました。

gmail-adsense

何もトラブルなく順調に審査に通ったのはうれしかったのですが、ここで油断してはいけないところです。
「アドセンス狩り」という恐ろしい罠があるので対策が必要です。

Googleアドセンスのアカウントは一人一つのみであるため、一度アカウントが凍結されてしまうと二度とアドセンスができなくなってしまう厳しいルールがあるようです。
そのため、自分が管理しているドメイン(サイト)でのみアドセンスが有効になるようにあらかじめ設定しておく必要があります。

adsense-setting

bitlyの独自ドメイン設定でトラブル

TwitterやFacebookで記事更新などでURLを貼り付ける場合、文字数の関係から短縮URLを使用することが多いと思います。
短縮URLサービスとして有名なのが「bitly」です。

通常の短縮URLとして提供される「bit.ly/*****」の形式だけでなく、無料で独自ドメインを短縮URLとして使用することができるようです。
「b.rafateria.com」という短縮URL用のサブドメインを作成してチャレンジしてみたのですが、以下のようなエラーがでてうまく登録ができませんでした。

bitly-error

設定などは何度も確認したのですが、ミスなどは見つからなかったのでさらに時間をおいて試してみようと思います。

導入が順調にいくサービスやそうでないサービスなど様々な経験があって、試行錯誤するのは楽しいですね!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です