【書籍紹介】『伝わる・揺さぶる!文章を書く』(山田 ズーニー)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

文章力アップしたい

自分の備忘録も兼ねて、書きたいなと思っていることは色々あるのです。
ただ、悲しいことにそれを文章にすることが難しく、かなりの時間をかけて書いています。

文章力アップ、文章術を取り上げた書籍は巷に多々あります。
よさそうなものを探して、順に読んでいく予定です。第1弾は『伝わる・揺さぶる!文章を書く』。
2001年発行の少し古い書籍ですが、昔と今で文章の書き方(文章術)はそんなに変わるものではないと思います。

(プロローグより)
自分以上にいいものを書く必要はない。しかし、自分以下になってはいけない。だからこそ、書くために必要なのは「考える」ことだ

本書の目次

  • プロローグ 考えないという傷
  • 第1章 機能する文章を目指す
  • 第2章 7つの要件の思考法
  • 第3章 伝わる・揺さぶる!文章の書き方 実践編
  • 第4章 より効果をだす!テクニック 上級編
  • 第5章 その先の結果へ
  • エピローグ あなたと私が出会った意味

7つの要件と3つの基本構成

機能する文章を書くために必要となる要件は以下をあげています。

  1. 意見
  2. 望む結果
  3. 論点
  4. 読み手
  5. 自分の立場
  6. 論拠
  7. 根本思想

要件をふまえて、実際に文章を書く場合に以下が基本となります。

  1. 論点:何について書くか。自分が取り上げた問題。
  2. 論拠:意見の理由。
  3. 意見:自分が一番言いたいこと。論点に対する結論。

山田さんは機能文についてシンプルに提案しています。

自分が言いたいことをはっきりさせ、その根拠を示して、読み手の納得・共感を得る文章

伝わる文章を目指そう

すぐに効果が現れるようなテクニカル的な特効薬ではなく、基本をしっかり抑えた内容が詰まっています。
私も揺さぶるとまではいいませんが、伝わる文章がスラスラ書けるようになりたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です