【書籍紹介】『クラウド時代の情報セキュリティ』(NRIセキュアテクノロジーズ)

クラウド時代の情報セキュリティ

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

クラウドの正体

クラウドって何でしょう?
この質問に即答できる人は限られた人以外はほとんどいないのではないでしょうか。
私もきちんと答えられません。

Dropbox, Evernote, iCloudといったクラウドサービス自体の名前は知名度が上がっています。
便利なサービスばかりですが、ネットワークを前提としたサービスです。
そこにプライバシーにも関わる様々な情報を保存するため、情報セキュリティの理解や備えは必須になります。

クラウドの正しい理解と活用における課題と対策について学びましょうという主題ですね。

本書の目次

  1. クラウドコンピューティングに関する基本事項
  2. クラウドコンピューティングにおける情報セキュリティの課題と対策
  3. クラウドユーザーが考えるべき情報セキュリティ対策
  4. クラウド環境を活用した情報管理術
  5. クラウド環境での情報セキュリティの今後と課題

まとめ

クラウドはどう生まれたのか、どういうものかといったことを序盤から丁寧に解説しています。
身近なサービス寄りの話題はほとんど触れられず、技術寄りの内容が多い印象です。

クラウドサービスに従事している方には知っている、言うまでもないことが多いかもしれません。
自分の立場から読むと、「そうだったのか」とためになることがたくさん記載されています。
一気に理解するのは難しいですが、何度も読み返してモノにしたいと思う内容です。

利用者ではなく技術者視点ではありますが、こういった書籍にも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です