ブログエディタ「Windows Live Writer」

過去の初ブログ運営は無料ブログを利用していましたが、その当時からブログエディタを使っていました。
その時は「BlogWrite」というツールを使っていたのですが、大分前から全然バージョンアップもされておらず、放置のようになっています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

記事を書くのも大変でした

最初はブログ管理画面から記事を書いていましたが、内容を考えている状態で長時間経過するとタイムアウトで勝手にログアウトしてしまい、書きかけの記事が丸ごと消えてしまうという悲劇がよく起きていました。

あまりにも頻繁に起きるので、ブログ管理画面を長時間開いたままにしない必要があります。
あらかじめテキストファイルで記事を書ききって、それをコピペで貼り付ける方法をとるようになりました。
しかし、これでは記事の見た目がわからないため、管理画面上で調整して整える必要があり手間取ると

これがBlogWriteで記事を作成すると、投稿した場合のレイアウトが再現された状態で修正が行えました。
その時はブログエディタって便利だなぁと大変感動したものです。

残念ながら、巷ではブログエディタの需要はあまりなかったようで、過去には複数の候補があったのですが、今に至るまで盛り上がることなく更新停止になったものがたくさんあります。
その中で、Windows Live WriterはMicrosoftが提供しているツールだけあって、今でも現役で使えます。

現在使用させてもらっているWordPressのテーマ「Simplicity」ではテーマカスタマイザーの設定でWindows Live Writerに対応した便利な機能が設定できます。
これがテーマを選ぶ決め手の1つになりました。

WordPress記事から直接Windows Live Writerを開いて編集する方法

ただ、使い始めてみるとテーマ(レイアウト)の更新が、テーマ作成者のわいひらさんの寝ログ記事を参考にしてもうまくいかず、Windows Live Writerの設定が中途半端なままで使っています。

絶対に失敗しないWindows Live Writerの「テーマの更新」方法を探る!

楽な投稿方法を模索中

現状はブログエディタをうまく使いこなせているとは言えず、とても敗北感があります。

  • Windows Live Writerで記事を投稿する
  • WordPressのダッシュボードで記事を投稿する
  • Windows Live Writerで下書き投稿、WordPressのダッシュボードで最終整形

今は3番目の方法で記事を書いています。
しかし、他の2つのやり方のほうが実はやりやすい、またはまったく別の理想的なやり方があるかもしれません。
ブログを続けていくためによりよい方法を常に検討していきたいと思ってます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です