葉加瀬太郎コンサート『エトピリカ』

葉加瀬太郎「エトピリカ」

昨日、葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour『エトピリカ』に行きました。
アーティストのコンサートに行くのはものすごい久しぶりで楽しみです。

3階席でしたが、ステージ正面でなかなかいい場所だったと思います。
コンサートは休憩をはさんで、2部構成でした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

出演者

葉加瀬太郎(バイオリン)

柏木広樹(チェロ)
今野均(バイオリン)
藤堂昌彦(バイオリン)
生野正樹(ヴィオラ)
西嶋徹(コントラバス)
マチェック・ヤナス(ピアノ)

第1部

少し遅れて、19時15分からコンサートタイトルの「エトピリカ」で開始です。
3曲ごとにMCが入り、軽快な演奏で次々と進みます。

葉加瀬さんのMCも色々な話題で楽しませてくれます。

  • 47都道府県で60公演のツアー
  • グッズの紹介と宣伝

葉加瀬さんの曲は「エトピリカ」「情熱大陸」「ひまわり」を知っていました。
今回初めて聞いた曲の中では、3曲目の「ZERO HOUR」が一番お気に入りです。

第2部

休憩を20分ほどはさんで、「新世界のフェスタ」から第2部開始。
第1部に比べると、落ちついた曲が多かったです。

後半のMCもパワフルです。

  • 出演者の紹介
  • 葉加瀬太郎のクラシック音楽講座

最後はクラシック音楽を3曲、ゆったりした流れでコンサートは一旦区切りとなりました。

アンコール

アンコールで待望の「情熱大陸」の出番です。
MCでの宣言通り、出演者全員がはかセンスを持って踊りまくっていました。
バイオリニストというより、パフォーマーでした。
絶対に演奏より踊りに練習時間を使っているはず。
始めと終わり以外は、もう情熱大陸ではない曲となっていましたが。

最後の最後は「ひまわり」です。
あれだけ踊った後の疲れを感じさせない、気持ちのこもった演奏で締めとなりました。

全部のプログラムが終了したのは22時過ぎ。
ツアーと同タイトルのCD収録曲をメインに全17曲。
休憩も含めて約3時間の大ボリュームで、満足感がある公演でした。

セットリスト

  1. エトピリカ          [CD収録曲]
  2. シシリアンセレナーデ     [CD収録曲]
  3. ZERO HOUR         [CD収録曲]
  4. 長崎夜曲           [CD収録曲]
  5. HANA             [CD収録曲]
  6. 冷静と情熱のあいだ      [CD収録曲]
  7. Asian Roses         [CD収録曲]
  8. リベルタンゴ         [CD収録曲]
  9. 新世界のフェスタ
  10. History of the future     [CD収録曲]
  11. 大地を繋ぐ樹の下で(柏木広樹)
  12. WITH ONE WISH       [CD収録曲]
  13. 前奏曲とアレグロ
  14. トリッチトラッチポルカ
  15. ハンガリー舞曲第5番      [CD収録曲]
  16. 情熱大陸           [CD収録曲]
  17. ひまわり           [CD収録曲]
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です